2017年04月07日13時39分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-04-07 13:39:07

Twitter や Google+ でフォローしている人々の書いているものを読む限り、いまの状況について、かなり淡白な印象を受けるのは何故だろうか。いや、寧ろ「1984っぽい状況」で不平不満を叫んでる自分という自意識のレベルで注意力というか関心が回収されていて、何かに抗うべき熱情みたいなものが消化されているようにも見える。これはトランプ側が個々の政策を小出しにしていて、ガス抜き程度の反発しか呼ばないようにコントロールしていて上手いと言うべきなのか、それともアメリカ人のリベラルが結局はバカなのか。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook