2017年04月06日11時59分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-04-07 13:05:06

やっぱり日本語の文章中に平仮名の社名を入れると埋没して嫌だという美意識だけでなく、hatena のサービス自体もピンと来ないんだよねぇ。はてなニュースに掲載されている記事のヘッドラインは、Hacker News や reddit と比べて、読むに値する記事もあるとは思うけど、大多数は宣伝か釣り餌にしか見えない。

でも、Hacker News や reddit の方がいいとは言っても、英語圏や欧米の方が最初からいいなんて思ってないわけで、単に日本の技術者の書くものが圧倒的にレベルが低いだけなんだよね。上場してる会社の技術者が公式ブログで「Ruby でやってみた」系のことしか書けないんだから。向こうは平気で数学科の院生レベルの記事を書くわけで、これではどうしようもない。日本のゼネコンにも、もちろん数多くの実績を残したり海外のカンファレンスや開発コミュニティで知られている人物がいるけど、そういう rock stars は、日本の上場ベンチャーやゼネコンでは、単に翔泳社とかマイコミから本を出すための「客寄せパンダ」なんだよな。あるいは、日本の IT 業界でトップを張ってる「アーキテクト」みたいな人たちというのは、要するに総務省や経産省に 8,000 ページの仕様書を書く人々のことなんだよ(笑)。それじゃあパブリシティや学術あるいは実装スキルにしても、或るところで止まるわけなので、負けるに決まっている。

ビジネスでも学問でも言えることだろうけど、何か一つでも納得のいくことができるかどうかの秘訣なんて、考えてもみれば別に天才的な才能がいるわけでもなければ、たくさんのお金や時間が必要なわけでもなく、本当に簡単なことなんだよね。

余計なことをやってる人間は、つまるところ負けるんだよ。

昔から言われるように、天才の多くは努力の人でもあるわけで、それは余計なことに気を払わないという意味でもある。世の中には大して益にも金にもならないのに、おもてなしとかどうでもいいことが山のようにあるわけで。もちろん、社会的な適合性を過度に無視してまで「余計なこと」を排除して社会人としてのそれなりの付き合いとかを無視してもいいとは言わないけれど、自分自身でコントロールできる場合には、やはり節度を持って適正な時間や労力やお金の使い方を選択しなければいけない。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook