2017年03月07日11時44分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-03-07 11:44:49

事情はよくわからないのだけれど Twitter で、小手先の決済サービスとか、金融業界から莫大な投資だけ集めて「上場ゴール」を目指すだけの金食い虫みたいな FinTech ベンチャー、あるいはオンライン・ゲームとかスマートフォンのアプリケーションのように女子供から小銭を巻き上げる事業を「BOP」と呼ぶと絡んでくるアカウントがあったんだよね。こっちはもともと derogatory として使ってなかったのに、侮蔑されたと思ってるのかな。そういうわけで、BOP という言葉じたいを使わなくなっている。それに、いまでは僕には BOP というのは「貧困ビジネス」の一種としか思えないので、derogatory としてしか意味を為していないから、発言すれば突っかかってくる連中と揉めるに決まっている。

そもそも、あの BOP の輝かしい成果とされたグラミン銀行にしてみたところで、途上国の支援団体の中には「あれは周到なイカサマだ」と言う人もいるわけだ。僕も、ああした事業は途上国という、まさしく法的にも経済的にも「システム」として未成熟な国家でしか通用せず、あの仕組みにどっぷり浸かるということは、成功したり安定した暮らしになればなるほど、「途上国のままでいい」という結果になるだけだと思う。食えるならその方がマシだというのは、確かに分かる。しかし、現世代が欲する目の前の利得だけで動いてきた結果がどうなったのかという実例として、僕ら自身の生活を引き合いにできる。高度成長期の脳天気な連中が将来のことなんて全く考えずにやってきたせいで、いま日本が社会インフラの脆弱さを放置していたりエネルギー政策がまともに成立していなかったりするというしっぺ返しを食らっているのではないか(もちろん、その責任の一端が僕の世代にもあるのは確かだ)。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook