2017年01月31日08時58分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-01-31 08:58:37

Twitter の哲学クラスタでしばしば見かけるのだけど、どれほど通俗文化や芸術あるいは「哲学とは懸け離れているように見える話題」に関心があるとアピールしていようと、業績を出さなければ学術研究者は「無」だ。授業するか論文を書いたり口頭発表してこそ、彼らは給料をもらう意味がある。科学哲学者が親鸞とか、あるいは分析哲学者がワインだ歌舞伎だと語るのは、端的に言って昔ながらの「哲学者=碩学」という漫画的な自意識を現代風にアレンジしただけにすぎない。そういう点についてだけ言えば、アメリカ大統領が街中のホットドッグ屋へ立ち寄るパフォーマンスなどと変わらないし、そういうことが人としての哲学研究者を何か「適正な姿へ補正する」と思い込んでいるなら、それこそ単なる英語秀才の猿真似と言うべきものだろう。切実に哲学をやりたい人は、そういう自意識に取り付かれた人が多く見受けられる Twitter でプロパーをフォローしても得るものは少ないと思う。彼ら自身こそが、人が哲学するにあたってのノイズを撒き散らしているのである。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook